カムイウッド

世界初の技術を採用し、木よりも優れた性能を誇るカムイウッド

廃木材と廃プラスチックを利用し、「樫の木」や「チーク」を超える高品質な木を創り出します。
地域の間伐材と牧草ロールで使われていた廃プラスチックからカムイウッド(高級木質複合材)を製造します。

木の水分を0%に乾燥する世界初の技術

カムイは、技術提携先であるアイン・エンジニアリング社が世界で初めて開発した技術を採用しております。熱源(ボイラー熱、電気熱、ヒーター熱等)を使用することなく、回転の衝撃による剪断発熱を利用して、水分を木粉から「たたき出す」乾燥方法で、木粉の水分を完全除去し、高品質の木材を造ります。水分除去に必要な時間は約15分と短時間です。

カムイパネルになるプラスチックと木粉の混合率

  • ポリエチレン   木粉が60%まで
  • ポリプロピレン  木粉が60%まで
  • ABS樹脂     木粉が51%まで
  • ポリ塩化ビニール 半硬質 木粉が51%まで
  • ポリスチレン   木粉が50%まで

大量の木粉に少量のプラスチックを混合し溶融する世界初の技術

大量の木粉に少量のプラスチックを混合・溶融し、一体化する技術が自然木に匹敵するカムイウッドを誕生させます。
大量の木粉に少量のプラスチックをたたき込み、一体化する技術と独自の混合溶融技術を採用。高速回転翼による発熱で木粉とプラスチックを溶融し、分子レベルで一体化する世界唯一の技術です。
また、強化剤の開発により優れた強度のある木材を製造でき、これらの技術がすばらしい木質感のカムイウッドを創るもとになります。

世界初の技術により、高密度で高強度の大型パネルを量産

加圧押し出し技術により、高圧力押し出し成形に成功。収縮やひけがなく、高密度で高強度の大型パネルを量産できます。

木粉が高濃度で混合された顆粒状ペレットを高粘度の状態に溶融し、押出機で高圧力で押し出し、金型の中に押し込み、高圧力で押し固めながら成形。
粘度が高いので前方への圧力が加えられた状態で前方へ押し出します。
この高圧力を加える技術と、強化剤の開発により、木粉とプラスチックの結合を高め、ひけや歪みがなく、しかも高密度で高強度の木質複合板の製造を世界で初めて可能にした技術です。

プラスチックだけの厚物パネルの押し出しに比較して熱放出が早く、生産スピードを高めることができます。

チクソトロピーの原理をカムイウッドの押し出し成形技術に応用

チクソトロピー技術を応用した加圧押し出し機を採用。引取機を使用せず大型中空パネルの量産化に成功しました。

世界で初めての押し出し成形技術で、粘度の高い程流れが速いチクソトロピーの原理をカムイウッドの押し出し成形技術に応用しています。
また、木粉を大量に含んだ複合板の熱放出が早い特長を活かし、高品質の木質複合板の量産が可能です。

カムイウッドの性能

  カムイウッドパネル 合板、パーティクルボード、MDF
水に耐えられますか? 長期間水につけても変化しません。屋外でも使用できます ◎ 水に弱く、すぐに腐食します ×
ネジの保持力がありますか? ネジ保持力は高い(パーティクルボードの4倍、MDFの5倍) ◎ ネジ保持力は弱い ×
耐磨耗性がありますか? 床材で使用できる耐磨耗性をもっています(レッドシダーの7倍) ◎ パーティクルボード、MDFは弱い ×
表面硬度がありますか? 硬度は4Hを誇り、テーブル材として最適(木材の5倍) ◎ 弱い表面にメラミン化粧板を貼る必要があります ×
耐久性に優れていますか? 劣化しないので長期間保証ができます ◎ 接着剤の種類と塗布量により劣化の問題があります ×
彫刻加工ができますか? 素晴らしい彫刻加工ができます
(豪華な玄関ドアが造れます)
◎ ボロボロになってできません ×
木目が表現できますか? 直接パネルの表面に表現でき「木を越えた」木目が造れます ◎ MDF、パーティクルボードは表面に化粧板やシートを貼る
合板はつき板を貼り表現
○
屋外で使用できますか? 水に強く、エクステリア用として長期間安心して使用できます ◎ 利用できません ×
曲げ強度は高いですか? 優れた曲げ強度を誇ります ◎ MDF、パーティクルボードは弱いベニア板は強い ○
白蟻や腐りに強いですか? 被害ありません ◎ 防腐処理してもすぐ腐ります ×
ホルムアルデヒドによる害がありますか? 害はありません ◎ 問題があります ×
カラー化ができますか? 素晴らしい原色のカラーボードができ、塗料の必要がありません ◎ できません。表面塗装の必要があります ×
接着加工や塗装ができますか? 専用接着剤・塗料が必要です ○ いずれもできます ◎
加工性は優れていますか? 木材と同じ加工ができます ◎ 加工性は優れています ◎
大きな厚みを造ることができますか? 10cmまで一体成形できます ◎ 木材を芯材にして貼り合わせ加工する必要があります ×
リサイクルできますか? 100%リサイクルできます ◎ できません ×

Page Top